新卒のかたへ

感謝の言葉

沖縄産業開発協会さま

年2回沖縄県にある沖縄産業開発協会(青年隊)に会社の説明会を行わせて頂いています。 協会からは、弊社に多くの人材を送って頂いております。また、そこの出身者は皆優秀な人材で現場責任者となる者も多くいます。 そこの教官よりお礼の言葉を頂いています。

これまで、沖縄産業開発協会(青年隊)卒隊者を多数採用頂き感謝申し上げます。

6ヶ月の訓練期間において、集団生活の規律と11種の資格を取得した隊員を年間2度にわたる会社説明会を行い隊員の求職活動を促し、採用に導いて頂きまして有り難う御座います。二幸建設(株)に就職し、取得した資格を活かし、現場において更に技能練磨し社会に貢献している事と確信いたします。

今後とも御社の発展と青年隊卒隊者の活躍を祈念致します。

青年隊 金城

弊社社員のお母さまからのお手紙

沖縄産業開発協会(青年隊)の卒隊者で、グループ会社である幸栄電設に入社した社員のお母様より感謝の手紙を頂きました。

二幸建設様との出会いは息子寛之が高校卒業後、県内にある一般社団法人沖縄産業開発青年協会に資格取得の為、入隊したことがきっかけでございます。

卒業を控え二幸建設様の面接を受けさせて頂きましたが、社長様からのお声掛けで、現在の幸栄電設に入社することが出来ましたことを心から感謝申し上げます。

寛之は4人兄弟の末っ子で優しくおっとりとした性格が幸いしたのか、周りから愛される子に育ってくれました。小中高と野球を通してチームプレーを学び特に青年開発隊では年齢も育った環境も違う人達と6か月間寝食をともにしながらの訓練でしたが、今から考えるとこの6か月間が息子の人生の起点になっていると確信します。彼の口から出た「自分はどんなに恵まれているかここにきて初めてわかった」の一言は今でも私の心にずっしりと残っています。

親が関われるのはほんの一瞬だなと思います。社会に出てはじめて仕事と人がどれだけ自分を鍛えてくれるか、その瞬間をキャッチできる人になればきっと大きく成長すると信じています。

いま彼は電柱に登ったことで先輩たちの偉大さを知り、自分の未熟さを痛感し、人として幸栄電設 の誇れる社員を目指して奮闘中です。これからも息子をご指導くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

賀数 玉枝

“新卒のかた専用ページ” “正社員” “メリットがいっぱい”

© 2017  Nikoukensetsu Corp

戻る